日記ほかバレエのことやら漫画のことやら、 思いついたことなどをとりとめもなく。



プロフィール

なつ

  • Author:なつ
  • バレエのこと、のこと、時々は漫画のこと、ほんのたまにツレアイK太の観察記録・・・。
    薬にゃならないがクスリと笑えるブログを目指します



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロフィールを推理する
最近、某スクールに通っていて、今度心理学の講座を取ることにしました。
先日、その無料体験セミナーがあって、同じテーブルについた少数名で、お互いのプロフィールを推理するというのをやりました。
もちろん、みな初対面です。

こういうのは、まあ、外見で判断しますよね。
若いAさんはショートカットのオッシャレ~な人で、アパレル関係かデザイン学校の生徒さんな感じ。
(私は遅れて行ったので、Aさんの実態は不明)
同じく若いBさんは、大人しそうな雰囲気の人。わずかな東北なまりから、勝手に純朴そうな印象を受ける。後で知った年齢は20代前半だったのだけど、「学生さんですか?」と聞いたら「結婚してます」とのこと。
そして最後は私の番・・・。

へぇ。ほぅ。ふぅん。
私ってそう見えるのか。
まず、「結婚していて」は、年齢からしたらそう言われても不思議じゃないよね。
「専業主婦で」「子供がいて」「女の子がふたり」「あったかいお母さん」「性格はおとなしそうで」「刺繍とかしてそう」。
ふむ、まずわるいイメージではないようです。
(まあ、初対面の他人をわるく言う人もいないでしょうが)

実際には、未婚だし、仕事をしていて、子供はいないし、あったかいかどうかは不明、(今は)おとなしくなくて、刺繍はともかく手芸は好きな方、といったところ。
しかし、専業主婦って・・・。
私、見るから~に何にも家事できなさそ~~だと思ってたんだけど、そうでもなかったのか??

そう、知り合い以外には、そういうのは「言わなきゃワカラナイこと」なのですね。
となると、「私、アイロンがけ得意なんです♪ 料理も大好きで、この間の土曜日はお友達を呼んでパーティーを云々」なんて法螺を吹いてみたり・・・。
いや、後がコワイから吹きませんけどね^^;

スポンサーサイト

久々の白鳥
12日にセミオノワとフォーゲルの「白鳥の湖」with 東京バレエ団を見てきました。
(や、with じゃないんだけどね、まあ)

フォーゲルはね~、ふわっとしてた、ふわっと。
思えばフォーゲルって、確かドイツ語で「鳥」の意味のはず。
そりゃ、ふわっともしますわね。
アラスゴンド・ピルエットも3回転をゆ~っくり回る。すげぇ。
私は視力がわるくて彼の表情はよく分からなかったんだけど、全編コレいかにも王子様~~~~で、私はそのテは好きなので、フォーゲル好きの友達とハートマーク飛ばしてました(笑)。
3幕の最後で、「ああ、私は悪魔の娘に愛を誓ってしまった! どないしよー!」と膝まづいて王妃のドレスの裾に取りすがるところ。
勢いあまって後ろの足が浮いちゃってんのが可愛かったです(笑)。
王子様以外だと、彼、どんな感じになるんだろうな。見てみたい。
シュツットガルトが丸ごと来てくれたら嬉しいな。

オディールは、特にあのポーズが魅力的!
片足は折って、もう片足は前に伸ばして座り、上半身を倒していくとこ。
この動きの終わりに、重ねた両手首が足首に触れるでしょう。
それからゆっくり指先が足の爪先に触れる。
この具合と、王子をじっと見つめた目線がね、何だかしなやかな黒猫のようで素敵だったのでした。
ちなみに、グラン・フェテはW、W、W・・・で始まり、最後までWで通すのかと思いました。
(漫画の『SWAN』思い出しちゃった。真澄とラリサの黒鳥対決)

戻って2幕。
これ、コールドの白鳥が少しうるさかったような・・・。
コールドだけのところは陣形・ステップともよかったんだけど、主役が出てきてからも動きが多くて、肝心のオデットとジークフリートの踊りがよく見えなかったのです。
ふたりでしっとり踊っている後ろで、ピケ・前アチチュード、おりて、ピケ・前アチチュード・・・。
振りもだけど、実際にポアントがカツカツいって、音も気になりました。

4幕、終わり方は私は好きなタイプ。
死んで幸せになりました、じゃなくて。
白鳥の衣裳こそ変わらないけど、オデットが「人間に戻ったわ!」というところがあって、背景幕に朝陽が描かれているのです。
もう何年ぶりに、人間の姿のまま迎える朝。
ちょっとじーんときました。

何度ものカーテンコールのさなか、幕前にふたりだけ出てきてお辞儀する時に、chu♪(lips to lips でしてよ?)ってしてたのが微笑ましかったです。

ところで、いつも思うのだけど・・・。
2幕のオデットって、(少なくとも途中からは)人間なんですよね?
「鳥のような人」という印象なんだとか、その運命を振りで表しているんだとか、そういうこともあるでしょうが、でも。
何で手(翼)をバサバサしたり、足で水を掻いたりするのかなぁ。
人間なのに。
特に今回・・・というか、私が目がよくないせいだと思うんですが、ポリーナが無表情に見えたので(体の表情は非常に豊かでしたが)、王子が本当に“白鳥”と踊っている印象が強かったです。
ひょっとして王子、鳥フェチなのでしょうか・・・(ゴメン)。

あー、でも久々の白鳥。
ド古典を見るの久しぶりで、楽しかったです。
ああ、そうそう、もうひとつ疑問が。
3幕の各国の踊り、何でロシアがなかったのかしら・・・?


テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。