日記ほかバレエのことやら漫画のことやら、 思いついたことなどをとりとめもなく。



プロフィール

なつ

  • Author:なつ
  • バレエのこと、のこと、時々は漫画のこと、ほんのたまにツレアイK太の観察記録・・・。
    薬にゃならないがクスリと笑えるブログを目指します



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


汽車は闇を抜けて・・・
昨日、実家へ遊びに来た妹の話です。

「今ね~、池袋のサンシャインのプラネタリウムで新しいプログラムやっててね」

 妹の友人 『Y本さん、プラネタの新しいの、見に行く? 銀河鉄道・・・』
  妹    『あー、999いいよね、行く~♪』
 妹の友人 『ち、ちが・・・!(大爆笑)』

はい、お分かりですね? 何てベタな勘違いなんでしょう。
やっているのは、『銀河鉄道の夜』です。
『男たちの大和』を『宇宙戦艦ヤマト』と言った母といい勝負です。
(べつに二人は特にアニメ好きなわけではない)

原作の本を持っているかと聞かれたので、藤城清治さんの絵本を貸してあげました。
宇津救命丸などのコマーシャルで有名な、ファンタジックな影絵を作られる方です。
『銀河鉄道の夜』は雑誌『別冊 太陽』でも特集されていて、賢治が好きだったビーカーに銀の林を作る実験や、宝石の話、星の話、花の話などが色々あって、とても大事な一冊です。

それにしても、↑の妹の話で思い出す・・・。
中学の時、夏休みの宿題でお決まりの読書感想文。
ひとりずつ前へ出て黒板にタイトルを書き、その場で読み上げるのですが。
友達の番になって、彼女はしずしずと歩み出、あまり上手じゃない字で本の題名を書いていきます。
銀 河  鉄 ・・・
ここで、私の後ろの席の男子が、「ああ、銀河鉄道の夜だぜ」と得意げに言っています。
さっきから、クラスメイトの書く文字を見ながら、自分の知識を披露しているのです。
いかに早く言い当てるか、が彼にとってのポイントのようでした。
ところが、たった今、板書している友人の手が「鉄」の字の次に書いたのは「9」。
え? まさか!
999は有名な作品でしたから、誰でも知っていたでしょう。
でも、まさか漫画やアニメの感想文を、国語の授業で発表するなんて!
中学生にもなってアニメ! 恥じらいもなく堂々と!(という気分がありました)
加えて、彼女は大人しいタイプの人なんです。
それがちょっと嬉しそうに原稿用紙を読み上げている。
オタク力、おそるべし! と思いました。
(当時はまだオタクとは言わなかったですけども^^;)

まあ、彼女のおかげで、私もアニメ映画を見に行ったりして、なかなか楽しかったです。
その辺は、またいつか書く機会があれば・・・。


スポンサーサイト

テーマ:アニメ・マンガ - ジャンル:アニメ・コミック


海とバロック真珠
まあ何というか・・・今、太っているわけです。
28までは細かったんですけどね。って、過去の栄光をつぶやいてみる。
自分で鏡を見てたんじゃ気づかないんだな。ぽちゃ系だな、くらいまでしか。
写真で見るとスゴイです。特にバレエしてない時は、あちこち落ちまくってるので。
「こんなになるまで、どうしてほっておいたんだ!」
ってなもんです。やっと2キロ半落としたけど、焼け石に水。
ていうか、ほんと、トウシューズ履けないよ、怖くて!
どーすんだ、次の文化祭!
・・・自業自得なんですけども。

おととい、「出張エステ・500円体験」というのを試したんですが、
「わき腹の柔らかいのは、まだすぐ落ちますよ」
なんだそうです。
「このおなか(したっ腹)のところも柔らかいけど、ちょっと押すと弾力があるでしょう? 脂肪が固くなり始めてるんですね」
えーー、それは筋肉でしょう!?
だって腹筋とかやってるし・・・お願い、筋肉だと言って・・・・・・(TT)

とりあえずエステは1回でそれなりに効果があったけど(肩の肉の盛り上がりがスンナリしたのには感動。でもすぐ戻っちゃうけどね。笑)、いろいろ考えた結果、継続しないことにしました。
高いもん、やっぱり。
で、とりあえず、リンパがつまってるということなので、オイルを買ってきて(アロマオイルで作るのも好きよ)マッサージしてみようと思います。
いいのがあれば赤外線&ゲルマニウムのサポーターも買って・・・。

・・・お盆あけに、レッスンに通ってるとこ(カルチャーですが)の文化祭があるわけなんです。
夏ですよ、夏。
なのにまだ演目が決まってません。わはははは( ̄▽ ̄;
何だか内輪ってことで、センターじたいの取り組みが遅かったんだけど、うちの先生はまたゆっくりな方なので・・・。
そこへ来て参加希望者も少なくて、いつも何かやる時は創作なんだけど、どうやら今回はバリエーション等になりそう。
「このCDからか、コッぺかくるみか白鳥のディベルテスマンか・・・」
何でも好きなのをやっていいわ、と先生はおっしゃいます。
その1枚のCDに、子供の頃、一度踊ってみたいと思ってた「海と真珠」が入っていました。
仲の良い人が、「これ一緒にやらない?」と誘ってくれました。
すご~く嬉しい、やってみたい、若い子が踊ってるのしか見たことないけど、ま、そこはいいや(いいのか?)、短いし、ムズカシ~~イとこもなさそうだから8月までならナントカ・・・。
でもね、その人は細いんですよ。
海真って、ふたごのような二人が踊るんですよね?
もちろんダイエットには励みますが、彼女は白かピンク、私は黒の衣裳で踊っちゃダメですか?
手首で交叉した両腕を上にあげるとことか、あるじゃないですか。
二の腕のあたりに、私だけ腕飾りをつけてもいいでしょ?(T▽T)

うちのセンターだけの文化祭だからこそ「何をやってもいい」ので、この先「海と真珠」なんか踊れる機会はそうないでしょう。
(センターの文化祭というの、めったにやらないし)
そら、自分が今すごい技術持ちだったら、黒鳥とかやりたいけどね。
男のコいるから、「海賊」とか。リフトなしで(笑)。

いいや、お祭りだもの♪ と開き直ります。
何かほかの踊りになるかもしれないし。何でも来い、です(←嘘)。
あれやこれやは、きっと次のレッスン日に決まるでしょう。
つか、いいかげん決まらないとぉ~~~!
・・・かなりの不安をかかえつつ、でもやっぱり振付はいるとなると楽しいんだよね~、ハハ(^^;

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術


いちごの食べ方
大人になってから、いちごは洗ってそのまま食べるようになりましたが、子供の頃はお皿にいれて、いちごをつぶして、砂糖と牛乳をかけて食べていました。
最後にピンクになった牛乳を飲むのが、また楽しみでねー♪

先日、ココアの粉がいつまでもなくならないので、牛乳を買ってきました。
ついでに、あら、いちごってまだ出てるんだ、美味しそう、あら、じゃあ練乳も買っちゃおうかしら、と。
いちごつぶし用のスプーン(底が平で、つぶつぶが打ってある)がなかったので、普通のスプーンでいちごを半分くらいに切りました。
これ、時々力が入り過ぎて、お皿にガチッ! って当たっちゃうんですよね~。
(小さい頃、間違えて牛乳を先に入れてからいちごつぶしてて、はね飛ばしちゃったことがある^^;)

で、美味しくいただいたわけですが・・・。
昨日、たまに覗きに行くお料理系ブログで見かけてしまいました。
いちごをつぶして牛乳かけて。
同じような食べ方なのに、可愛いったらありゃしない。
その方は、いちごをお皿じゃなくて、デザートグラス(? ま、広めのコップです)に入れてらしたんですね。
ミントなんか飾っちゃって。

でもよく考えてみたら、牛乳かけるなら底の深い容器に入れた方がいいのは当たり前じゃないの?
ン十年間、どうしてそんなことに気づかなかったの?
よそではどうしてるのかな??

グレープフルーツだって、ひとふさになってるのを喫茶店で見るまで、ずっと横半分に切って(お砂糖かけて)食べてましたもん(←20代の頃まで)。
あんな食べにくい食べ方を考え出したの、誰よ?(笑)
先割れスプーンを開発するまでもなかったんじゃないの?
(あれはグレープフルーツ用、ってわけじゃないのでしょうか)

子供の頃にしみついてしまった食べ方って、結構消えないものなんですかねぇ、というお話でした。

本日の母
母は、仕事にいち早くコンピュータを取り入れたりはしてましたが、
ビデオの操作というものがいまだに出来ません。

今日も2階から降りてきて、「テープが入らない」と言います。
「前のテープが入ってるんじゃないの?」
「いや、カラだと思うけど・・・」
「ちゃんとラベルの方をこっち向きにして入れた?」
「そこまで間違わないわよ、まさか!」

どれどれ、と見に行くと、途中まで差し込まれたテープは、
確かに手前側にラベルが来ています。
でもね、お母さん。
ケースごと突っ込んでもダメなんですよ、残念・・・!(≧×≦)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。