日記ほかバレエのことやら漫画のことやら、 思いついたことなどをとりとめもなく。



プロフィール

なつ

  • Author:なつ
  • バレエのこと、のこと、時々は漫画のこと、ほんのたまにツレアイK太の観察記録・・・。
    薬にゃならないがクスリと笑えるブログを目指します



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遊び過ぎ?
非常に疲れております。ぐったりこんこんです。なぜなら・・・。

先週の金曜日はK太とディズニーシーに行きました。
スティッチ(<リロ&スティッチ)のカチューシャをかぶって嬉しげなK太。
お手洗いの場所をシーのお姉さんに尋ねた時、「スティッチも入れますか?」と私が聞いたら(もう背中を向けていたので、聞こえないだろうと冗談で言ってみた)、お姉さんは振り返って「スティッチも大丈夫ですよ~^^」と。
ちょっと嬉しかった(笑)。

ミスティック・リズムというショーを初めて見たけど、面白かったです。
バレエとサーカスと仕掛けが混じったのに単純なストーリーがついた感じ。
舞台はジャングルっぽくて打楽器の響きがすごく、ずっと聞いてるとトランスしそうです。
私より、舞台ものをあまり好きじゃないはずのK太の方がハマってたなー。

前の晩から金曜の朝までろくに寝ずに仕事して、そのあと一日歩き回ったので疲れました。

土曜はずっとごろごろ。日曜は仕事。
月曜は急きょ栃木へ祖母のお墓参りに。日帰りで帰って来てバレエ。

火曜は母と、姪っコ達の運動会へ。土日が雨で延期になったのですね。
で、彼女らの両親(私の妹夫婦)のかわりに行って来ました。
子供の数は少ないから、声援もいくらか淋しいんだけど、でも徒競争とかリレーとか見てて、何だかじわっと目頭に来てしまいました。

その近くに温泉施設があったので、ジェットバスで脂肪をもみほぐしたり(笑)、露天風呂でのんびりしたり。
お風呂上りに鏡を見たら、腕と首がクッキリ日焼けしてました。
やぁねぇ、年とともに日焼けってすぐ落ちなくなるのに^^;

家の近くまで帰って来たらえらい土砂降りになったので、西友で時間つぶし。
とっかえひっかえ試着して、キャミソール(ばら柄)とレースのボレロ(黒)を買いました。
このボレロ、レッスンで着ちゃダメかな・・・。

何やかやとバタバタしてて、ここんとこPCもろくにさわってませんでした。
時々PC中毒みたいになることがあるから、ちょうど良かったかなー。

スポンサーサイト

ベジャールの・・・
ベジャールの「二十世紀バレエ団」時代のビデオで、探しているものがあります。
多分ベルギーのお祭りか何かで、運河に大きないかだを浮かべて、その上で大勢が踊っているシーンがありました。
上半身裸の男性がわーっといて、1番で立って、右の拳をいっせいに天に突き上げるポーズとか。それを背中側から写していました。手首には赤いスカーフを巻いていた気がします。
20年近く前に友人に借りたものなのですが、見ていて一緒にお祭り気分で盛り上がったのを覚えています。

お心当たりのある方、ぜひ教えてくださいませ(_ _)/~~~~~~~~←器用?

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術


パッとつけたら堀内元さん
最近、パッとTVをつけたら水香さん、つけたら草刈さん、というのが重なってましたが、今日はつけたら堀内元さん。
まあ、びっくり。

時刻は夕方5時20分頃。
最初、大人と子供の5番に入った足がうつってたんです。
あら、新しいバレエ番組でも始まったのかしら~と思ったら・・・。
番組名は『からだであそぼ』。NHK教育。ケイン・コスギ君も出てます。

実は堀内兄弟のどちらか一瞬分からなかったので、検索かけたんですね^^;
それで知ったんですけど、元さんは今アメリカのセントルイスバレエ団で芸術監督をやってらして、そのことがドキュメンタリー番組として、3月にBSで放送されたんだそうです。
どうも面白かった(感動的だった)らしく、私も見れば良かった。

元さんは、一度TVで「シルヴィア」を踊ってるのを見ました。
ギリシア風の衣裳で、マンドリンみたいな楽器を持ってて・・・。

双子の弟さんの充さんは、生で見たことがあります。
遠い昔、25、6年くらい前でしたかね。
某新聞社の舞踊コンクールに出たことがあるんですよ、私。
私、というか、団体で。踊りは先生の創作でした。
私に関して言えば、もうそんなコンクールなんかに出るような実力はサラサラなくて、恥かきの前座みたいなもんでした。
先生が順番を3番めで取ったところ、1番・2番が棄権(or 初めからいなかった??)、まさしく前座でありました。
で、その時の優勝者が、堀内充さんとお姉さんのかおりさんペアの「パリの炎」でした。
私の中学の時の友人が所属していたバレエ研究所に、充さんはよく客演してたらしく、「すごく優しいんだよ~」という噂を友人から聞いていたので、「ほう、あの人が・・・」と思って見てました。
(その友人が行ってた研究所の先生に、今私が習ってるのも何かの縁ですかねぇ)

話を先の番組に戻します。
私は途中から見たのですが、小学一年生くらいの(?)男の子が、ツーステップとアントラッセを教わってました。
で、生ピアノなわけですが。いいね~、生ピアノ。
男の子が一度ステップをやって、それを見て速さの加減をする。
と、二度めはもっと上手に出来てるんですよ、その子。
もちろん、動きが二度めだからというのもあるけど、タイミングが取りやすくなったんでしょうね。
ああ、私も上手な人の生ピアノでレッスン受けたいよ~ん。

ついでに。
「からだであそぼ」の次に「クインテット」という、人形を使った音楽番組をやっていたのですが。
ああ、「白鳥の湖」が流れてきたわ~。歌がついてるけど、何て言ってるのかしら~。
耳をすますと、「てんどん」とか何とか、食べ物の名前が切れ切れに・・・。
メニューを読みながら歌っていたのですね(笑)。
俳優さんがメニューをセリフ調に読み上げて人々を感動させた、というのは聞いたことありますが。

更についでに。
子供の頃、毎月「ドレミファブック」という歌の絵本(LPつき)を買っていて、その中にドラマ仕立ての「白鳥の湖」のお話がありました。
あのメインテーマには、「わたしははるかな国の幸せうすい王女~♪ 悪魔の呪いをうけて白鳥にされました~♪ りりしい王子様のお妃になれる日に~♪ 魔法はとけてふた~たび~王女にもどれます~♪」という歌詞がついてました。
ちなみに王子の声が富山敬さん、「宇宙戦艦ヤマト」の主人公・古代進をやってる方でして。
中学の時、レコードを聞き返して、「ヤマトだ、ヤマトだ」とどうしても思ってしまったのは懐かしい思い出(笑)。

話が堀内さんから途方もなくそれてしまった・・・。
収拾がつかなくなってしまったので、ではこの辺で ~~~~~\(^^;


(PCの調子がとてもわるいです。心配だわ)



『かはく』へ
先日の土曜日は雨だったので、予定のディズニーシーを中止して、上野の国立科学博物館へ行って来ました。
B3階から地上3階まで、宇宙の誕生、生命の誕生と進化、恐竜、人類の発明等々、下から順に見ていきました。

これはティラノくん。

20060515101918.jpg


恐竜は骨のモデルばかりで、K太はしきりに「肉がついてるのが見たい。動いてるところを見たい」と言ってました。

これは人類の発明品で・・・何だったっけ。忘れちゃって悔しい(><)

20060515101939.jpg


もう少し近寄ってみましょう。

20060515101959.jpg


この、中の物体が金属のバラみたいでいいなと思って(^^)
ちょっと小さくて分かりづらいですけどね、硝子のひょうたんの中の銀色のバラ。
ロマンチックだわ~(??)。

最上階には動物のモデルがたくさんあります。
これはオオカミさん。

20060515102017.jpg


斜めから撮った方がカッコイイと思うんだけど、K太のリクエストにより正面から・・・。
ちょぴっと間が抜けてて可愛いでしょ?(笑)

それから特別展の『ナスカ』を見ましたが、こちらはえらい混雑でした。
数々の美術品と・・・ミイラの展示。そしてもちろん地上絵。
地上絵を空中撮影したものを大きなスクリーンに映していたのですが、自分がセスナに乗って空から見下ろしている感じを味わえて面白かったです。
いいな~、古代ロマンみたいの、好きだわ~(禍々しい部分はともかく)。

うちへ帰って来てから、『ジュラシックパークⅡ』を見たのはご愛嬌。
「動いてない恐竜など物足り~ん!」と騒ぐ人がおりましたのでね(笑)。


すみません・・・!
さっき何気なくTVをつけたら、水香さんが出てるじゃありませんか!
「あれ? 水香レッスンは先週のはずじゃ・・・」
そうです、実は先週『学校へ行こう!』を見損ねちゃったんですよね(アラームどうした?)。
先週、放送がなかったのかしら。
それとも水香コーナーだけが延びたのかしら。
それともあれは最初から「再来週の予告」だったのかしら。
もし先日のココを読んで、今週はチェックしてなかった・・・という方がいらしたら、本当にごめんなさい。

今日も、見たのは途中からだったのですが、オーロラやってました。
若い娘さんに、「日本人には日本人の良さがある」とか、「音の取り方にメリハリをつけた方がいい」とか話してました。
手首の下げ方、小さい動きからふわっと大きな動きへ、体は前のめり(という言い方じゃなかったけど)なくらいで、それから顔や体の角度・傾げ方・・・。
「オーロラは結婚するので、この踊りは幸せいっぱいに」
目がくるくると大きくて、彼女、オーロラがよく似合いますね。
最後に、先の娘さんにサイン入りのトウシューズをあげてたけど、履いてたやつもらって嬉しい・・・んだろうな。
V6の森田くんが「もうないんですか?(自分もトウシューズ欲しい!)」と言って、水香さんが「欲しくないくせに^^;」と笑ってたのが面白かったです。

そんなわけで・・・もしご迷惑をおかけしてしまった方がいらっしゃいましたら、本当にすみませんでした m(_ _)m


英と書いてハナブサと読む
今朝、ごはんを食べていたら、机の上にメモがありました。
『神戸天神』
「これお母さんの?」
「そうそう、ここの藤がすごくきれいなんだって」
へぇ、藤か~。良いねぇ・・・花盛りを見たことがないんだよね、まだ。
神戸だったらK太が知ってるかな?
すると母が、
「近くだから行ってみようと思って・・・」
???
ちょっと考えてすぐ分かりました。
ハイ、藤で有名なのは亀戸天神(かめいどてんじん)ですね。

しかし、亀戸なんて仕事でしょっちゅう行ってるのになー。
何で間違えるかね(笑)。

謎のレタス
今朝、家のベランダ側の窓のところにレタスがふたつ置かれていました。
サニーレタスみたいなわしゃわしゃした葉っぱの、でも葉の先が茶色くないやつ。
「誰が持ってきたのかしら・・・」
「誰だろうねぇ? お母さん、最近、罠にかかったタヌキでも助けた?」
「タヌキは助けてないけど・・・」
じゃあ、何なら助けたんだ、という疑問はさておき、まさか毒は入っていまいと、夕飯にゆでてポン酢で頂いてしまいました(←いいのか?)。
と、
「あっ!」
「・・・な、なによ( ̄□ ̄;」
「そういえば、こないだ○○ちゃん(私の妹)にタケノコもらって、たくさんあったから近所に配ったんだった!」
そうすると、きっとうちが留守の間に、どなたかがお礼に持ってきてくれたのでしょう。
あるいは・・・。
ひょっとしたら母は、中に入っていたかぐや姫をそっと逃がしてあげたのかもしれません。
って、姫が入ってたのは竹でしたっけ(^^;


アーチ つかの間の夢…
センターにて。
グラン・プリエしたり、脚をあげたり、回ったり。
うはー、きいたー、と腰をさすっているところへ聞こえてきたのは、優雅かつ豪快なピアノ曲。
あ~、次はグラン・ワルツか~♪
と、ちょっぴりウキウキ気分になるのはいつも一瞬。
「この曲で、どうせ(と言ってはイケナイが)バランセかピケターンかシソンヌなんだよなぁ・・・」
だけど、先日は違ったのだね~(^^)

「はい、じゃあトンベ、パドブレ、グリッサード、グラン・パ“ディ”シャ~。ここから始めてぐるーっと1周ね」

えーーーーーーーっ! Σ( ̄◇ ̄)
アレをやるのですか、ついに禁断のアレを~~~!

何でそんなに驚くかと言うと。
うちの教室、狭いからか、初心者が多いからか、グラン・パディシャってやったことないんですもん。
(あ、でもグラン・ジュテで1周はあるなー)
なぜかアラベスク⇒シャッセ⇒アントルラセもない。
少なくとも私が入った3年前から一度も。
(もっとも私は休み多いんですが)

タンタララン♪ タンタンタン♪ タンタンタンタン♪ タタタ…
うひゃ~、楽しいよ~♪(≧▽≦)
途中で足首痛くなったけど、楽しいよ~ぅ♪
でも跳んでたら治っちゃったよ~ぉ♪
左は苦手だけどでも楽しい~~~~♪

そしたら、
「なつさん、グリッサードで幅跳びしない! パディシャと幅が変わらないよ?」
って・・・。

ハッ( ̄▽ ̄;
そーです、私のグリッサードは歩幅がすごく広いです。
子供の頃、グリッサードは滑るパだからってんで、より遠くへ滑るように覚え込んじゃったんです。
当時のあの教室の子供はみんなそうで、発表会の客演に来た大人の男性舞踊手も舌を巻くほどでした。

でもさ~。
確かに大人になってから習った教室では、どこもはずむようなグリッサードだったけど。
だってさ~。
ちょー久しぶりだったんだもん、気持ち良くて気持ち良くて・・・。
一度、幅跳びグリッサードを体験してごらんなさいな。
ビュンビュン景色がうしろへ飛んで、そりゃあすごい快感なんですから。
(嘘です)

まあ、先生によって教え方が違うのはよくあることなので、それに合わせるのも慣れっこのはずですが、つい昔の癖が出ちゃうことってママありますよね。
けど、大ジャンプのアーチをより高く長く見せるために、グリッサードは小出しにするわ。
ほどほどに。

そしてアーチの話、もうひとつ。
私は足の甲がないです。ポアントで立つのもままならないです。
(体重が重いのでなおさら)
タンデュでにゅ~んって出る人が羨ましい。
甲を出すには足裏の筋肉を鍛えねば、と読んだので、今更ながらちょっと頑張ってみてます。
そしてお風呂では、アキレス腱のところが詰まらないように気をつけながら、「出ろ~、出ろ~」と呪文を唱えつつ、手でぐいぐいしてみたり。

その甲斐あってか、今日、湯船の中で立ちあがってその場でタンデュしてみたら、甲がいつもより出てるじゃないですか!
曲がった膝も、何やらスラリと伸びて・・・。
「え~、ちょっと太めだけど、あたしの脚って実は結構キレイなんじゃない?」
ひゃっほう♪
勢いよく湯船から出て、お風呂場の鏡に映してみましたともさ。
そしたらば・・・。

ま、そういうことです。
恐るべし、水中マジック。
つかの間の夢でございました。

でも昔よりタンデュしてて気持ちいい気がするから、引き続き頑張ってみますです、ハイ(^^)

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。